欲望―ブツヨク―

一応このブログ、ガジェットカテゴリに所属してるらしいのでそれらしいことを書いておかにゃいけない気がするということに思い至り、さて何について述べるべきかと考えたのですが、単純に今欲しいガジェット類を羅列しておこうかと。

運が良ければたまたまこの記事を読んだアラブの石油王か何かが寄付してくれるかもしれないしね! どしどし送ってね!

というわけで、今というか昨年後半からずっと気になっていて結局手に入れてないものといえばGPD WINでしょうか。

今更説明するまでもないでしょうが、3DSLLとほぼ同じサイズにWindows 10とQWERTYキー、左右アナログパッド+十字キー+4ボタンと、完全にゲームで遊ぶための超小型Win機というガジェット好きなら間違いなく飛びつく面白端末。

Twitterではガジェットクラスタの皆様が早々にゲットして楽しそうに遊んでいるのを、指をくわえて横目に見ていたのですが、それもこれも金銭的に余裕がない時期が続いていたせいであります。常に無駄遣いばかりしているせいとも言う。

そうこうしているうちに年も明け、コミケのようなビッグイベントもないので多少は懐に余裕がある月。ぼちぼち何かデジタルな玩具を買おうか、iPad 12.9インチとか面白そうだな、いやしかしxiaomiのMacBookAir風なノートPCを買うというのもアリだな……なんて思ってたら、GPD WINの新バージョンがでるというではありませんか。

 

hitoriblog.com

 

確かに「GPD WIN改」が出るという話は聞いていたのですが、販売元があからさまに怪しい代理店だったことで素直に手を出す気になれずスルーを決め込んでいたところ、これはまさに天の配剤。もう買うしかねえなこれ……。

 

使い道? 買ってから考える。

別に年が明けてしまっても構わんのだろう?

2017年最初の日記は三が日が過ぎようとしているこのタイミングになりました。

みなさんあけましておめでとうございます。

 

昨年の末は、オタの端くれとして冬コミに参加していたのですが、やはり寄る年波には勝てず10年……いや5年くらい前と比べると、明らかに回るサークルの数が減っていることに気づいてしまいます。

 

以前はきっちり事前にカタログを隅から隅まで舐めるようにサークルカットをチェックし蛍光ペンでマークをし、同時にwebで有名作家さんの動向を確認。それを配置図に写してさらに効率的な巡回の仕方を考え、誰がどこから回るかを打ち合わせする。

 

というのが昔のギラギラした自分たちだったのですが、最近はもう「◯◯さんとこだけあれば良いっしょ?」「うぃ」というすっかりしょぼくれたジジイのようなやる気の無さ。あの頃の常に先っぽから何かが溢れ出るような迸るリビドーはどこへ行ったのやら。

今でももっと溢れ出していたい! 何なら少し漏れても良い!

そんな若さを求めてスッポンとか黒酢ニンニクとかのサプリを買おうかと軽く悩む程度には、自分の”老い”について軽く考えるようになってきているお年頃です。なんだか最近白髪を見つける頻度が高くなってきてるし、もうそろそろ老眼とかなりそうだしね……。

 

若い頃の自分は、年齢が大台(具体的な数字は伏せる)に乗ったらオタク卒業かな……漫画やアニメ趣味はともかくコミケで同人誌買い漁るのは肉体的に無理なんじゃないかな……と思っていたのですが、まだ曲がりなりにもこうして参加しようという意思は消えていないし、実際に大小問わずイベントには行けているので、まだなんとか精神も身体も諦めていないようです。もう少しだけ頑張ろう。

 

さて、そんな僕は『たわわ』を買えるだけ買い続ける無限ループをしたあとは当てもなくあっちへふらふら~こっちへふらふら~(ウサPP)としていたのですけれども、東7でskyclaymanさんの絵ハガキに一目惚れして即お買上げ。

 

作風はリンク先のサイトをご覧いただければわかると思いますが、もう緻密すぎる線で徹底的に書き込まれたモノクロイラストで、もう見た瞬間にほぇ~……と丹下桜ボイスで驚きのため息をついてしまいました。

冊子も販売されていたようなのですが、訪れたときには既に売り切れておりました。次の機会があればなんとか手に入れたいところ。

絵ハガキセットはちょうど12枚入っていたので、月ごとにチェンジして飾れるように何かケースを買ってこなければ。

 

 一方、僕らの友人のサークル没後はというと、今回もめでたく無事に完売されたということで何よりでした。とらのあな専売で委託販売しているので、現地で買えなかったという人はぜひそちらで。

 

ここまでが昨年のおはなし。

2017年に入ってからは……特に何もしてませんでしたね……。

 

1日:友人らと喫茶店でだべり続ける

2日:会社の当番で出勤して電話番

今日:秋葉原で手頃な価格の福袋を買って帰る

中身はこんな感じ。

 みんな大好きガレージのジャンクショップで買った福袋は、HONEYBEE(WX06K)が入っててびっくり。そりゃまあスペック的には4~5年前の端末なのでたかが知れてますし、あれこれ手をつくしてSIMを挿してみようとも思わないのですが、逆にまず間違っても自分から買い求めることはなかったであろう端末が自分の手元に来たということは何かしらの運命を感じないでもありません。

 

充電して実際に起動してみると、おもったよりキビキビ動くし、試しにYouTubeで動作再生してみてもHD動画程度ならまったくカクついたりせずに見ることができましたよ。可愛らしい壁紙とかハードキーなんかも独自性があって、今の単なる四角い板めいた面白みのないスマホたちよりよっぽど愛嬌あってこっちのほうが好きだったりします。

 

ときどき電源入れて遊んであげようっと。

冬の元気なご挨拶

はい、というわけでね。今日もブログやっていきたいと思うんですけれども(tuber的挨拶)

 

今日は冬コミ1日目ということで、皆さん戦果のほどはいかがでしたでしょうか。

僕はといいますと、つい最近Apple Watch 2なんていう高額な玩具を買ってしまったためにお財布の中がピンチ、みすずちん的に言うととりぷるぴんちくらいピンチになったが故に極限まで買い物を減らさざるをえない状況となっておりまして……今日は1サークルだけ、伊織もえさんのコスROMを買ってきました。コスプレサークルで買い物したのは今回が初めてなのですが、さすが壁だけあって結構並びましたね。そして1/2の確率(2列形成だった)を勝ち抜いて彼女の列に並べた人たちは、アイドルや声優のお渡し会よろしく常連っぽい会話とか前回のコスの感想とか中には握手しながらトークしてる人なんかもいたりして、そのせいでかなり列の進みが遅かったようなのですが、まあ目の前に”自分のアイドル”がいたら多少なりともコミュニケーション取りたくなるよなあ……なんて思いつつ、僕も「今回初めてきたんですよ~」なんて当たり障りのない会話というか一方的な情報の押し付けをしてきました。自己満足。

 

 

コスプレは生で見て、自分で撮影してナンボとか思ってましたが、カメラを手に取るようになってから数年経った現在に至っても未だにピンぼけ画像を量産しマトモに被写体の魅力どころか見たままを写し取ることすらできていない有様なので、これはもうプロの手による完璧な写真をしっかり見てイチから勉強し直しするしかないかな、と思ったのが理由の1つ。

 

もう1つは、たわわコス画像を穴が開くまで舐めるようにじっくり見たかったという、本能からの欲求に従った行動からによるものです。仕方ないじゃん、2.5次元たわわ見たいじゃん。

そんなウェイ系スマホ撮影野郎にすら劣る腕の持ち主であるところの僕ですが、お買い物をしたあとしっかりとコスプレ鑑賞および撮影を堪能してきましたよ。

 

まずは声をかけやすい企業ブースのコンパニオンさんから。

 

その中でも、TBS「アニまるっ!」のブースにて笑顔の素敵な可愛い方がいらっしゃったので何枚か撮らせて頂いたんですけど、あとで検索してみたら加藤里保菜さんとおっしゃる歴としたタレントさんだということで。

この画像も可愛いんですが、生のほうが10倍可愛かったです。

 やったぜ。

 

その後、東の外周で少し鑑賞してから防災公園へ。

前回の夏コミから(かな?)使われるようになったこのスペースですが、庭園や西入り口付近と違って広々としたスペースがあるおかげで雰囲気も多少のんびりというか殺伐とした雰囲気がない気がします……が、それと引き換えに遮蔽物がないため夏は直射日光バリバリ!冬はからっ風びゅーびゅー!

というわけで屋内ではうっすら汗をかくくらい暑かったように感じていましたが、この防災公園スペースはめっちゃ寒かったです。明日ここを訪れようとしている方はしっかり防寒対策を忘れぬよう。

 

しっかりと目の保養をしてから帰還しました。

お金は使わずとも満足できる、これもコミケの楽しみ方。

 

さて明日は特に予定がないので(本当は叶姉妹がジョジョ島を練り歩く様子を遠巻きに見に行きたいのだけどそれも迷惑になりそうですし)秋葉原をうろつくことにします。

 

3日目は……このままだと特に何も買わずに終わりそうなのですが、できれば何かを……がんばります。

途切れた会話と結ばれ続ける目線

仕方なかったんだ……帰宅して晩御飯食べて自室に戻ったらいつの間にか朝だった、という生活が2日続いてしまったんだもの……!

 

というわけで連日投稿は敢え無く途切れました。無念。

 

さて今日は世間一般で言うところの?クリスマスイヴ?ってやつ?らしいですね?

 

僕の予定といえばこの時間になっても自室でTシャツとパンツ一丁の姿でiPhoneぽちぽち弄ってるところから察していただきたいのですが、人生というものは何があるかわかりません。

 

ひよっとしたら、このあとふらっと外出したところに向こうからとぼとぼと歩いてきた金髪ツインテールの女子中学生が僕にぶつかりその拍子に手に持っていた小さい箱を地面に落とし中からガシャッと何かが壊れた音がして慌てる僕に……ううん、いいんです。もう要らなくなったものだし……と先ほどまで泣いていたのであろう赤くした目を伏せがちにそう呟く彼女の様子が気になり近くのコンビニでアンマンとコーヒーを買ってベンチで一緒に食べようと誘い話を聞くと以前から憧れていて相手もフレンドリーに接してくれてて脈がありそうだった学校の先輩に意を決してクリスマスプレゼントを渡そうと家の近くまで行ったところ丁度先輩と同じクラスの美人で有名な女子が綺麗に梱包された大きめな包みを持って訪問してきたところでドアを開けた先輩は顔を真っ赤にしながらも笑顔で向かい入れ2人が家の中に入って行くところを離れたところから呆然と見ていて気がつくと泣きながら闇雲に走り続けようやく疲れて走るのをやめたところであなたにぶつかった、落として壊したのは先輩にプレゼントしようとしたオルゴールだった……というようなことを聞き、慰める言葉も思い浮かばなかった僕は予定がなくなったならこれから何処かへ遊びに行かないかこんな日に1人寂しく過ごしてるおっさんを助けるボランティアだと思ってさ、と普段なら決して言わないような下手な誘いをしてみると一瞬大きな目をさらに大きく開いてキョトンとしたあとクスクス笑い仕方ないですね聖なる日にボランティア活動というのも良いもんですよねと僕の手を引きながら振り返りさぁ何処へ連れてってくれるんですかたっぷりボランティアしちゃいますよなんて悪戯っぽく笑う彼女にこの先何かが訪れる予感を覚えたのだった、なんてイベントがあるかないかでいえば多分ないと思うのでこのまま部屋に引きこもることにします。

 

メリークリスマス。

小さくて灰色のやつ

「さんざめく」という単語を聞くと、なんとなく冬を連想する皆さん、こんばんは。

未確認飛行物体から降りてきて人間を拉致ってなんか異物とか埋め込む手術をする生物です。

 

今年の東京は12月になっても全然寒くなる気配がなくて、普通にコート着て電車乗ったら汗だくになることもあるくらいで、炭酸抜きコーラを飲んでおかなければ長距離を走ることができなかったかもしれません。飲んでないけど。

 

その一方で、北海道辺りでは豪雪に見舞われてるとかで、夏の猛暑といい、完全に日本は異常気象のど真ん中にいるんだなぁ……と実感します。例えていうなら気象界のW-1。金網抑えろ。

 

こう見えても生まれは北海道ですので、雪には慣れたもんだったのですが、残念ながらスキーは上手く滑れませんでしたね……。

 

ウインタースポーツで言えば、もっぱら家の軒先に出来たツララを舐めるの専門でした。

 

あと、手刀でツララを切り落としたり、折ったツララを雪山に向かって手裏剣のように投げて刺したりも、なかなか熱中できましたね。

 

何と言っても1人で出来ますからね……。

 

泣いてないよ。

翼をもがれた中年

小学校までは神童として賞賛を浴び続けてた立場から一転、中学生になると途端に成績が全日本プロレス四天王レベルの垂直落下をしたおかげで、こりゃー毎日塾に通わないまでもせめて夏冬の長期休暇くらいは講習を受けないとやべーぞ、と親を説き伏せなんとか某大手予備校の講習に通わせてもらいました。

 

その某予備校は代々木にあったのですが、代々木といえばファルコムショップ。

 

その頃はイース2や3が出てた頃(思いっきり年齢がバレるがまあいい)でファルコム熱が一番高かったとき。

 

少ないお小遣いをはたいて、下敷きやらイースロゴのメタルキーホルダーやらを買った思い出が蘇ります。

 

現在はもう代々木に行くような用事がないので電車に乗っていてもただスルーする駅ですが、今でも動画サイトでふとイースのBGM集なんかを再生すると、一気にあの頃の風景が、空気が、思春期の不安定な心が、感じられるような気がします。

 

駅のホームから見えた夏の青空を見ながら、テキストの入ったカバンを背負って電車を待っていたあのとき、自分がどんな大人になると想像していたでしょうか。

 

あのときの自分よ、ごめん。

 

あれから20年以上経っても何1つ大人になれていないダメな人間のままだよ。

チェーンコンボ

こ、こんなこともあろうかと、事前に今日の日付が変わるギリギリの時間に合わせた投稿時間を設定してある下書きを用意していたのさ!

 

つまりセーフ……!

とどのつまり……間に合えばそれでよし……!

悪魔的発想……!

 

というわけで◯日坊主回避、大成功の巻です。

こんばんは。

 

以前に日記サイトやってたときは、ただひたすら「毎日更新しなきゃ……!」という強迫観念に襲われながら毎晩毎晩、紹介や引用という名の我田引水式文字列埋め、通称ネタパクリを行なっていた日々でしたが、ときは流れて現代にキュレーションやらまとめやらという名で生き残ってるところを見ると10年前とネットサイトの本質は変わってないのかもしれないなあとしたり顔で頷く次第であります。

 

その当時から少し経った、もう少し有り体に言えば更新作業に飽きてきた、さらに言えばどんなに頑張っても大手サイトにはなれず、さりとてキラリと光る才能をのぞかせるような文章を書けるわけでもなかった自分は「毎日更新なんてしなくても、その時々でしっかり考えたテキスト書けば来訪者も満足してくれるんじゃね?」などと逃げの考えを持つようになり。

 

その後はご存知の通りひっそりとフェードアウトしていったのですが、そこからさらに時間が経ったここ数年では、とにかく毎日何かしらの変化があるサイトというのが日常のスパイス……とまではいかなくとも日々のルーチンの一部として自分の中に入り込んでくるものであるのかということにようやく気づきました。

 

つまりは、どんなクソつまらないソシャゲであっても、毎日イベントが発生したとしたら。イベントまでは頑張らなくても、使い回しの無い、毎日一度ログイン時に表示されるひとことメッセージなんてものがあったとしたら、とりあえず1日のどこかで起動してしまうと思います。

 

1日目:あ?

2日目:あぁ?

3日目:あぁー?!

 

なんでログインメッセージが表示されたとしたら、果たして明日はどんな言葉が来るのか、「あぁーー!?」なのか「あぁー??!」なのか。

 

そしてほんの少しだけ心のどこかでワクワクしてる自分に気づかないまま4日目のログインをすると

 

4日目:鳥が低く飛ぶと天気が悪くなるらしいゾ!

 

なんて書かれてて、今までの三日間とは何のつながりもないんかい!!とスマホを床に投げつけたくなる。そんな程度でもある意味"楽しみ"になってしまっているんです。

 

こうなったらもう、これといった理由がなくてもとりあえずこのソシャゲにログインする習慣ができてしまうことでしょう。運営の勝ちです。

 

……若干話がまとまらなくなってきてますが、つまりはそういうことです。

 

たとえ面白くなかろうと、ためにならなくとも、なんとなくいつものあのサイトを見ておくか、程度にあなたの生活の中に在りたい。

 

そんなログインボーナス系サイトを目指して今後も続けていきたいと思います。